$尾山泰永の漫画生活-男を惑わす名言集 12

昨日のまとめに引き続き名言集ですw

アイスでベトベトになってる女の子(^^)
実際ちっちゃい子では見かけますけど大きくなってからだと見方が変わりますw
アイスはもちろんミルク系でキマリ!

007/スカイフォール 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]/ダニエル・クレイグ,ハビエル・バルデム,レイフ・ファインズ

¥4,190
Amazon.co.jp

大好きなダニエル・クレイグの007シリーズ最新作「007/スカイフォール」を。
ずっと前に買ってあったんですが、これはじっくり大画面で見たくて(^^)

潜入調査員の情報を記録したハードディスクを取り戻す為に強奪した敵を追う007。
しかしMが決断した狙撃命令の失敗によって見方の弾が命中し橋の下に落下してしまう。
007が死亡したと思い失意の中にあったMのオフィスがハッキングされる。
さらにMがオフィスに帰る途中にMI6本部が爆破されて…。

オープニングのスピーディーな追跡シーンは最初からハラハラドキドキの展開です。
恒例のセクシーなタイトルシークエンスはボンドの臨死体験をイメージしたものだとか。

今回は007シリーズを心機一転する転機になる物語となっております(^^)
ジュディ・デンチ演じる女性のMが今回で降板、次回から新しいMになります。

スカイフォールにもボンドガールは登場しますが、今回はMがボンドガールと言えるかも。
マネーペニーも意外な形で復活してて今後のシリーズが楽しみですよ~!

新しいQは生意気な若造でハッキングを得意とするキャラになっていますw
今回のボンドの特殊アイテムは銃と発信器だけ(^^;)
車はいっぱい乗り換えてくれるんですが、ラストには昔のボンドカーも登場しますよ!

今回の敵キャラには「ノーカントリー」でも殺し屋を怪演したハビエル・バルデム!
組織に裏切られ復讐を誓う元エージェントを存在感たっぷりで演じてました!

サム・メンデス監督のリアルでオトナっぽい雰囲気の演出で大満足です。
後半は「ロード・トゥ・パーディション」みたいな渋いトラディショナルな戦闘が楽しめます。

次の作品が楽しみになる展開で大満足の出来でした(^^)



血の伯爵夫人―エリザベート・バートリ (桐生操文庫)/新書館

¥795
Amazon.co.jp

吸血鬼伝説のモデルにもなった実在の伯爵夫人を描いた「血の伯爵夫人」を。
録画したのを見たんですが、DVDになってないみたいでAmazonにはありませんでした(^^;)

ハンガリーの貴族として生まれ15歳で伯爵と結婚したエリザベート・バートリ。
夫が急死して権力を持つようになったエリザベートは若者と付き合うようになる。
父親がエリザベートと若者を別れさせたがエリザベートは自分の年齢のせいだと思い込む。
処女の血を浴びた事で若さが取り戻せると妄信したエリザベートは少女達を誘拐して…。

「鉄の処女」という拷問道具も彼女が作らせたという言い伝えがあるそうです。
本物を一度見た事がありますが恐ろしい存在感がありました…。

この時代にドモホルンリンクルかアスタリフトがあればこんな事には…。
若さへの切望が招いた恐ろしい悲劇を描いた作品なんですがホラーっぽくなくて面白かったです。