座るJK

地べたに座ってるJK描きました(^^)
こういう座り方ってちょっとドキドキしますよねw

2日ほど絵を描いてなかったので時間がかかりましたよ…(^^;)

今日は朝からずっと仕事部屋のお掃除をしておりました。
いろいろ捨ててお部屋が広くなって良かったです!
ちょっと疲れちゃいましたけど(^^;)

パシフィック・リム 3D & 2D ブルーレイセット (3枚組)(初回数量限定生産) [Blu.../ワーナー・ホーム・ビデオ

¥6,980
Amazon.co.jp

仕事が一段落ついたのでやっと封印を解いて観た「パシフィック・リム」
早く観たかったんですが吹き替え版で見たかったので北米盤を買わずに日本版まで待ちました!

突如深海から出現した巨大な怪獣に襲われ人類は危機に陥ってしまう。
対怪獣兵器として開発された巨大人型ロボット・イェーガーで人々は立ち向かう事にした。
しかしイェーガーはその複雑な構造の為、2人のパイロットが同調して動かさねばならない。
かつてパイロットだったベケットと新人のマコは二人でイェーガーに乗り込む事になって…。

人類を襲う怪獣が出現した理由はなんと人類が地球を汚し怪獣に合った環境にしたからなのです。
資源を求めて星々を渡り歩く怪獣たちにとって地球上の人間にとっては害虫に等しい存在。

イェーガーで怪獣に対抗していたものの怪獣達が群れをなして襲ってくる事がわかってきます。
それを防ぐには怪獣達が出現する深海にある通路を破壊しなくてはいけません。

対抗する兵器イェーガーは強力ですが二人のパイロットが同調しなくてはならない難しい兵器。
同調する際にパイロットは過去の記憶も感情もすべて受け入れる必要があるのです。

主人公のベケットは過去に怪獣との戦闘で兄を失いしばらく流浪の旅をしています。
しかし再び戦闘にかり出されパートナーのパイロットを探す必要があるのです。

その相手に彼が選んだのは過去に怪獣に襲われ家族を失い復讐心を燃やすマコという女性。
戦闘能力は高いものの感情にムラがあり同調するのがとても危険な女性なのです。

同調する事をこの世界ではドリフトというのですが、この設定がとにかく秀逸。
男と女、理論派の学者と挑戦的な学者、若者と年配の人、白人と黒人。
相容れない二人が互いを受け入れ協力しないと敵に立ち向かう事ができません。

「恐竜大戦争アイゼンボーグ」とか「ウルトラマンA」みたいでいいですよねw

基地のエネルギーが怪獣によって失われた時に唯一動けるのが核動力を積んだジプシーのみ。
このあたりは「ジャイアントロボ THE ANIMATION -地球が静止する日」っぽいかな。

ラストで怪獣の通る穴を塞ぎにいく所はちょっと「トップを狙え」みたいなカンジ!
とにかくいろんな日本のロボットアニメの要素が詰まってて男子なら絶対面白い作品です(^^)

怪獣とイェーガーの戦闘は「モンスターハンター」VS「アーマードコア」ってカンジw
攻撃の時に技の名前を言うのもちゃんと理由があって設定も良かったです!

ギレルモ・デル・トロ監督の作品はちょっと暗いオチが多いんですがこれはハッピーエンド!
エンターテイメントに徹してて素晴らしい出来でした(^^)

日本の街や香港のシーンはセットっぽいんですが看板とかヘンテコで面白かったですw
「萌と健太」ってDVD屋さんがあったりして「ナニワ金融道」みたいに探しちゃいましたよw

「ヘルボーイ」で御馴染みのロン・パールマンも出演してます!
一番最後に面白いオチも用意されてたりなんかしてw

菊地凛子さん演じるマコの子供時代を芦田愛菜ちゃんが演じてましたが泣くのが本当に上手い!
あの泣きそうなたれ目の少女が成長してあんな鋭い眼光を持つ菊地凛子さんになるなんて(^^;)
よほど復讐する気持ちが強かったんでしょうねw

今回吹き替え版が欲しくて日本版を買ったのはとにかく豪華な声優陣だったからです!
アムロ、シャア、マーグに綾波…ロボットアニメの声優さん勢ぞろいですからね(^^)
あとケンドーコバヤシさんのロン・パールマンの声も良かったw

音楽も昔の怪獣映画みたいな曲があっていいんですよね~!
サントラ欲しくなりましたよw

メイキングとコメンタリーもあるのでまだまだ繰り返し見ないと~!
いや~仕事中に封印しておいて良かった~これは仕事にならないわ~(^^;)